2012年6月25日月曜日

なぜ脚がむくむのか?

内科検診を受けても、何も異常(心不全、腎不全など)が見つからない場合は、消化力の低下が脚のむくみの原因となっていることが多いようです。特に、タンパク質の消化、吸収力が低下しています。当然、運動不足はよくありませんし、デスクワークなどで長時間動かずにいることも決して体にいいことではありません、しかし、長時間座っていてもむくまない人はむくみません。タンパク質の消化吸収がその違いの原因です。血中のタンパク質は、水分に対し磁石のような役目をしています。ですから、血中のタンパク質が少なくなると、水分が血管から染み出てしまうのです。タンパク質は食べている量よりも、どれだけきちんと消化、吸収できているかが重要です。平均サイズの日本人の女性であれば(運動量にもよりますが・・)一日40gほどのタンパク質を摂取すれば十分でしょう。タンパク質の消化、吸収を良くするためには、よく噛み、麹菌由来のエンザイム(酵素を)食前に摂ることをお勧めします。特に胃酸を抑える胃腸薬を飲んでいる人は、タンパク質の消化が非常に悪くなっています。そのような場合は、まず暴飲暴食をやめ、よく噛み、胃、腸、食道の粘膜を修復する必要があります。女性にむくむ人が多いのは、女性の方がタンパク質の消化がうまく出来ない傾向にあるからです。酵素療法を通じて私が感じるのは、典型的な、女性の健康問題(ホルモンバランス、肌あれ、乾燥肌、髪の毛、冷え性、肩こりなど)はタンパク質と脂質の消化、吸収に深いかかわりがあることです。



  にほんブログ村 健康ブログ 代替療法へ
にほんブログ村

2012年6月23日土曜日

乾燥肌には良質の油を!!!

Green Pasture Butter Oil/Fermented Cod Liver Oil Blend 120 VCaps
コッドリバーオイルバターオイルブレンド
脂質に関する世間一般の情報は”太る”だの、”血管が詰まる”などネガティブなことが多いですね。確かに質の悪い油は体によくありません、しかしコッドリバーオイルのような良質の油は少量を毎日摂ることで色々な効能があります。乾燥肌は典型的な油切れの症状です。その他、不妊症、流産、生理痛、抜け毛、薄毛なども脂質代謝と深い関わりがあります。グリーンパスチャー社が作るコッドリバーオイルはアメリカで販売されている数多くあるコッドリバーオイルの中でも特に品質がよく、私は患者様全員に薦めています。このコッドリバーオイルは発酵させてあるので栄養価が非常に高いのです。更にバターオイルというものがブレンドされています。バターオイルとは日本ではあまり馴染みがありませんが、アメリカでは伝統的に滋養強壮に使われる素晴らしい栄養補助食品です。
グリーンパスチャー社では使われるバターオイルは、春先に生える新芽を食べた牛からの牛乳のみを使用しています。新芽を食べた牛の牛乳は格別に栄養価が高く、これをDr.Weston A. PriceはXファクターと名づけました。Xファクターはミネラルの吸収を促進させる働きがあり、現代の食生活では摂取することが非常に難しいものとなっています。
にほんブログ村 健康ブログ 代替療法へ
にほんブログ村

2012年6月21日木曜日

麹菌由来のエンザイム(酵素)で女性抜け毛、薄毛対策

女性で抜け毛、薄毛、などの悩みを持っている方多いですね。特に30歳代後半から40歳代にかけて、肌の調子も髪の毛も、若い頃のようにハリとツヤがなくなってしまい、急に老化現象を感じる年代のようです。

これらの問題は決してシャンプーやコンディショナーを変えることや、高価な化粧品で解決する問題ではありません。体の中の問題なのです。

根本的な原因は、体内で新しい細胞を正しく作ることができなくなってきているためです。当然のことながら、食べたものを原材料として、体は髪の毛や肌を作るわけですから、ジャンクフードばかり食べていては、まともな体を保つことはできません。ましてや加齢とともに消化力が落ちてきている場合は(自覚症状は全く無いかもしれませんよ)さほど食べているものが悪くなくても、老化現象が進んでいきます。胃腸をいたわり、消化力を強く保つことは、美と健康を守るには欠かせないことなのです。

特に良質の脂質とタンパク質と野菜を意識して食べるようにしましょう。逆に避けるのはパン、パスタ、スウィーツ、お菓子、麺類、白米。下記の箇条書きを忠実に行なってみてください。

  1. よく噛むこと
  2. 食前に麹菌由来のエンザイム(酵素)を摂ること
  3. 生野菜、果物を食べること(比は2対1でたくさん食べてください)
  4. 良質の脂質をとること(肝油、青魚、オリーブオイル、フラックスオイル、ラード、オーガニックバターなど)油では肥満になりません!!!炭水化物の取りすぎが肥満の原因です。
  5. タンパク質を摂る。(量はいりません、少量をよく噛んで、 麹菌由来のエンザイム(酵素) を同時に摂れば確実に吸収されます)
  6. 油ものを食べる時は麹菌由来のエンザイム(酵素)を多めに摂り、レシチンを一緒にとると更に油の消化をよくします。
  7. 肝臓をいたわる(ウコン、ビーツ、アブラナ科の野菜などは非常によい)
  8. 肥満にならない
  9. 精白された炭水化物を避ける

thumbs hair loss 12 Hair Loss

にほんブログ村 健康ブログ 代替療法へ
にほんブログ村

2012年6月12日火曜日

抜け毛を防ぐには?究極の抜け毛予防法

抜け毛が多くて悩んでいる人(男性、女性両方)に、必ず聞く質問があります。

  1. いつごろから抜け毛が増えましたか?
  2. 抜け毛が増え始めた頃の生活環境はどのようでしたか?
  3. その頃の胃腸の調子はどうでしたか?
多くの場合、仕事が変わったり、忙しかったり、精神的なストレスが多い時期に抜け毛が増え始めます。それと同時期に、少し食べ過ぎると胃腸がもたれたり、疲れやすくなったりといったこともおきてきます。

抜け毛は、食事からの栄養が体内に吸収できなくなった時に増えるのです。特に抜け毛に関係するのは脂質の消化、吸収、代謝です。

精神的なストレスから胃潰瘍などの問題が起きることは、よく知られている事実ですが、ストレスと胃腸の働きは切っても切り離せない関係なのです。

三十代後半や四十代は仕事も忙しくなり、子育てにも時間とお金がかかる時期で、男性女性ともにストレスが増え、胃腸の働きが落ち込む時期でもあります。

私達の体は食べたもので出来ているわけですから、食べものに含まれる栄養素を効果的に消化、吸収できない場合は、新しい細胞や、臓器を新しく作り変えることが出来なくなってしまうのです。ちなみに、体の中の全ての細胞は6年から7年で入れ替わっていますが、その中でも細胞の入れ代わりが激しい毛髪や肌は、胃腸の調子が悪くなると即座に変化を感じるところなのです。

当然、子育てや忙しい仕事を放棄するわけには行きません、しかしこのストレスの多い時期に、胃腸をいたわる事をちゃんと行えば、抜け毛や肌の衰え、更には病気になることのすばらしい予防になるのです。

抜け毛予防のために出来ることとは、つまり胃腸をいたわることなのです。特に良質の脂質をとり、確実に消化、吸収することです。私どものクリニックでは酵素療法と上部頚椎カイロプラクティックを用い胃腸の働きを改善させていただいております。上部頚椎カイロプラクティックがいかに消化の働きに改善に関係するかは次の機会に説明しますが、まずは皆さんが今からでもすぐに出来ることを書いておきます。
  1. よく噛むこと
  2. 食前に麹菌由来のエンザイム(酵素)を摂ること
  3. 生野菜、果物を食べること(比は2対1でたくさん食べてください)
  4. 良質の油をとること(肝油、青魚、オリーブオイル、フラックスオイル、ラード、オーガニックバターなど)油では肥満になりません!!!炭水化物の取りすぎが肥満の原因です。
  5. 油ものを食べる時は麹菌由来のエンザイム(酵素)を多めに摂り、レシチンを一緒にとると更に油の消化をよくします。
  6. 肝臓をいたわる(ウコン、ビーツ、アブラナ科の野菜などは非常によい)
  7. 肥満にならない
  8. 精白された炭水化物を避ける
まずはこれらを実行してみてください。抜け毛が減るばかりか、メタボリックシンドロームも改善し、体調がすこぶるよくなるはずです。

にほんブログ村 健康ブログ 代替療法へ
にほんブログ村

2012年6月8日金曜日

脳と脊髄が臓器の機能を支配しています。 カイロプラクティックで背骨、骨盤の手入れを!!


背骨の手入れをしましょう。カイロプラクテイックは背骨の手入れをするところです。
腰痛や首の痛みの治療のために存在するのではありません。
カイロプラクティックが保険適応でないのは、車の保険がオイル交換代を出してくれないのと同じ事。車の手入れの一環としてオイル交換は欠かすことができないように、背骨の手入れも、体が故障する前から始めることが大切です。背骨は目に見えないために、いつ手入れをしたらいいのよくわかりませんよね。歯が虫歯になるように、背骨の様子も見えれば、予防もすすむんでしょうけどね。眼に見えないものを信じたり、重要性がわかる人は幸いです。 にほんブログ村 健康ブログ 代替療法へ
にほんブログ村

何故、夜寝ていて足がつるのか?根本的な原因と解決法

夜中に足がつる原因は、一般的には筋肉疲労、水分不足、カルシウムやマグネシウムなどの電解質のバランスがぐずれることなどが挙げられます。確かにもっともな答えであり、思い当たるようであれば、これらの要因をまず見なおしてください。若い人の場合はこのやり方でだいたい良くなると思います。


一方で、さほど生活習慣を変えたわけではないのに、ここ数年足をつる頻度が増している場合は消化力の低下、特にタンパク質の消化、吸収が悪くなっていることが考えられます。なぜなら、足がつる原因の一つとされるカルシウム不足は、タンパク質不足から起こるからです(体に吸収される約半分のカルシウムはタンパク質が運び屋となって体の各組織に運んでいきます)。

肉や魚を食べていても、それらがきちんと消化、吸收されていなければ、体に十分なタンパク質を供給することはできませんし、同時にカルシウム不足にもなります。

カルシウム剤をいくら飲んでも、一向に骨粗鬆症が良くならないのは、これが大きな理由の一つです。

それから、もう一つ忘れてはいけないのが、マグネシウムです。マグネシウムは筋肉や神経をリラックスさせる働きがあります。緑の野菜やナッツには多くのマグネシウムが入っていますが、いくらマグネシウムをとっても、お酒を飲み過ぎていたり、炭酸飲料や、甘いデザートの食べ過ぎはマグネシウムの吸収を著しく妨げます。特にお酒の飲み過ぎは、マグネシウム不足を招きます。


解決策は、

  1. 十分なタンパク質とカルシウム、マグネシウムの補給
  2. 消化力を高める(よく噛むこと、麹菌由来の消化酵素を食前に摂ることは大変有効)
  3. 精白された炭水化物(パン、うどん、パスタ、白米、砂糖)を少なくする
  4. お酒を控える
  5. 野菜を多く摂る
  6. 水分補給
  7. 就寝前の軽いストレッチ
理想のカルシウム源としてあげられるのは、魚、頭からしっぽまで食べられる小魚、緑の野菜などです。市販の乳製品はかえって消化器官に負担をかけるので、お勧めできません。

マグネシウムは緑の野菜やナッツ類に多く含まれています。


また、妊娠後期によく足がつるのも、赤ちゃんがお母さんの体の中で成長していく過程の中で、タンパク質とカルシウムの摂取や消化が需要に追いつかない場合に出る典型的な症状です。「妊娠中はタンパク質をたくさん摂りましょう」ということは一般的にも言われますが、摂取量ではなく、タンパク質の消化がうまくいっていないことが原因であることが多いので、単に食べる肉や魚の量を増やしても解決されず、かえって他の問題(妊娠中毒症など)が出てくることもあります。


消化力低下を防ぐことは、夜中に足がつるのを防ぐだけではなく、ありとあらゆる病気の予防になります。消化力が低下してきているサインは、
  1. こってりしたものを食べると胃が重たい
  2. 肉をあまり欲さなくなった
  3. 年々甘党になっている
  4. 疲れが取れない
  5. 睡眠の質が落ちた(夜中に目がさめると、なかなか眠れないなど)
胃腸の調子が悪いと感じた時に、胃酸を抑える薬を飲んでいる場合は更に問題が深刻化していきます。なぜなら、胃酸はタンパク質消化に無くてはならない物質だからです。胃酸なしでは、カルシウム、マグネシウム、タンパク質すべての消化吸収が妨げられます(このことに関しての詳しい説明はこちらをどうぞ)。

足がつるということは、体の中の必要な栄養素が足りていないもしくはバランスが崩れていることを示しています。放置せずに根本的な解決を行うことをお勧めします。

7/1/2012 Revised



(今日もぽちっとお願いします)

にほんブログ村 健康ブログ 代替療法へ
にほんブログ村

2012年6月6日水曜日

乳児の胃食道逆流症

米国の非営利団体Nemours Foundation(デラウェア州、フロリダ州)は、乳児の逆流性食道炎の一般的な警告的徴候(サイン)として下記のようなものを挙げています。

 ・特に授乳後の頻繁な嘔吐。
 ・肺や気管への逆流時の喘鳴(ぜんめい)や息詰まり。
 ・湿性(wet)のしゃっくりやげっぷ。
 ・1歳を超えても乳吐き(spitting)が継続する。
 ・授乳後にぐずったり泣いたりする。
 ・少食。
 ・体重があまり増加しない。

 これらの症状を訴えて小児科に行くと、アメリカではほとんどのケースでPPIなどの胃酸を止める薬を処方されます。 ”赤ちゃんなのに、薬なんて?!”と少し怖くなって、どうしていいのかわからず困っている方が多いようですね。

 対策としてまずできることは、
・授乳後、立て抱きを長めにすること(少なくても30分は)
・ゲップを十分させること
・寝る時に頭の位置を少し高くして寝かせること

それでも改善されない場合は、水に溶いた消化酵素を使います。
酵素はカプセルを開けて3分の1程度を少量の水で溶きスポイトか何かで、授乳の直前に与えます。
更に、善玉菌(プロバイオティクス)を与えることも有効でしょう。

基本的に母乳を与えている場合はこのやり方で簡単に治りますが、ミルクの場合は時間がかかりますね。
元々母乳には母乳自体を消化する酵素が含まれているため、このような問題が起きることはめったにないはずなのです。

様々な理由で母乳が与えられない場合、その埋め合わせをするのは実際大変な作業なのです。

また、帝王切開で生まれた赤ちゃんは、産道を通らずに生まれてくるために、適切に善玉菌が育たないということや、抗生物質の多用でせっかく育った善玉菌が殺されてしまうことなども、乳児、幼児が胃腸の問題を患う原因の大きな理由でしょう。 にほんブログ村 健康ブログ 代替療法へ
にほんブログ村